トップ > 会社概要 > 安全マネジメント

安全マネジメント

1.平成29年度の輸送の安全に関する基本方針

  1. 労使一体となった安全最優先の考動
  2. 現場重視の指導教育
  3. 主体的、具体的、実践的な安全対策の実現

2.平成29年度の個別目標

  1. 平成28年度に引き続き事故件数0(ゼロ)の継続
  2. 乗務員の教育及び研修の強化 技能資格取得の推進
  3. 違反0(ゼロ)、労災0(ゼロ)、クレーム0(ゼロ)の達成

3.輸送の安全に関する計画

  1. アルコールチェッカー

    当社では、アルコール検知器の乗務停止基準を厳格に設定し、安全の確保に努めて参りました。
    平成29年度も引き続き、飲酒運転根絶に向けて、従業員及びその家族、会社が一丸となって取り組みます。

  2. 安全運転履歴書の取り寄せ、社内適性診断の実施

    安全運転履歴書を毎年4月に確認し、従業員の非番時における違反状況を確認します。
    更に、昨年より導入致しました社内適性診断機器(通称:ナスバネット)による随時診断を実施し、その結果に基づいて診断者の安全運転を始めとする指導に役立てて参ります。

  3. 設備投資

    行車輌の買い替えに代表される設備投資につきましては、老朽化した車輌の計画的代替により、経年劣化による故障や事故のリスク回避を図って参ります。

4.重大事故・違反発生状況(自動車事故報告規則第2条等)

  1. 平成28年度は該当する事故及び違反はありませんでした。
  2. 平成29年度の発生状況

    現在、該当する事故及び違反の発生はありません。


このページのトップへ戻る

長岡トラック株式会社